現住所と免許証住所に違いがある場合について

この記事では、ドライバー登録時に現住所と免許証住所に違いがある場合の登録方法についてご案内します。

 

登録方法

免許証のご住所を更新いただくか、以下の条件を満たす証明書類を撮影しご提出をお願いいたします。



 

証明書類として認められる必須項目(以下、全て)


  • 免許証の交付日以降かつ直近3ヶ月以内に発行され、発行日が確認できる
  • 現住所が確認できる(市、または県から記載があるもの)
  • 登録者の氏名が本人名義である
  • 発行元が実在する企業であることがわかる

  • 住民票、公共料金領収書、官公庁発行の印刷物



ご注意いただきたい点


  • 書類全体が撮影されている
  • PCの画面などではない実物の書類である
  • 登録者の氏名が本人名義であり、住所、発行日が手書きではなく印字されている
  • 郵送物の書類原本である

NG書類例

  • 住民票であっても
    • 画像の枠に発行日がおさまっていない
    • 書面全体がおさまっていない
  • 公共料金領収書であっても
    • 登録されたご本人様以外の名義、宛名のもの
    • 住所の一部のみ記載(建物名のみの記載)のもの

    • 発行日が確認できない、または直近3か月以前のもの
    • PC画面を撮影したもの

 ※【証明書類として認められる必須項目】を満たしていないものは不可となります。ご了承ください。
 

証明書類提出手順

ステップ1:

ドライバー情報の[免許証]>[編集]

 

ステップ2:

本人確認の項目より[提出書類]>現住所と免許証記載住所が異なるにチェックのうえ[撮影する]

 

ステップ3:

画面上の表示に従い[確認する]>[確認して保存]>[登録]し保存しましたと表示されたら完了

この記事は役に立ちましたか?
5人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事

もっと見る